TeleMon - テレモン


動物監視支援システム

テレモンとは?


テレモンとは動くものを感知してその情報を記録するためのアプリケーションです。

フルカラー画像や赤外線画像などの従来の観察用カメラの基本的な機能に加えて、動物などの観察物を3Dデータとして記録することで 大きさなどを同時に調べることができます。

特徴


一台で複数の情報の取得

複数の機械を使わず、一台でフルカラーHD画像・赤外線画像・3次元データを取得することが出来ます。

簡単設置と簡単操作

複雑な大型の専用機器など必要ありません、PCとセンサ(ティッシュ箱程度の大きさ)とアプリだけで安価で手軽です。

動体を感知するとデータの自動記録

自動記録モードを使うと、動物などカメラ内で動くものを感知して記録します。

3Dの点群データによる分析

動くもののみを抽出して3Dのデータとして記録することにより、大きさを調べたり回転させて位置関係を確認などが出来ます。

News


2017.6.7 情報の公開

2017.4.25 イカリ消毒との試用実験

仕様


センサ本体:KinectV2

PC:センサ・ソフトの動作PC(スペック下記)

OS:Windows8/Windows8.1/Windows10

CPU:i5 3.1Hz以上64bitCPU

メモリ:4G以上

USB:USB3.0以上

グラフィック:DirectX11対応

ご購入について


各種カスタマイズのご相談承っております。お問い合わせください。

Contact


弊社製品に関するご意見・ご要望、御社の事業企画や導入・試験運用・代理店販売など

お気軽にお問い合わせください。

042-730-3550

テレビジネス技術部千葉 chiba@tele.jp


問い合わせフォーム